自動車工場で臨時工をしていた2年間

30歳ぐらいの時でしたが臨時工と言う形で2年ぐらい車の製造のラインで働いていました。車が好きだった事もあり車関係の仕事に付きたいと思っていましたが、
エンジニア系の仕事はさすがに難しく高い難関だったので、製造の流れ作業でしたら勤まると思い、求人広告を見て応募しました。

採用条件ですが、体力とやる気があれば比較的容易に採用してくれると思います。

作業の方ですが、かなり広い敷地の中で車のボディが流れてきて、パーツを一つずつ組み上げていくと言う感じで、部門に分かれています。主にシートの取り付け、ボンネットの取り付け、ドアの取り付け等の部門を任されていました。ラインに乗って次から次へと流れて来て、手を抜いてゆっくりやっていると間に合わないので、神経を尖らせながら確実に仕上げていく正確さが求められます。

もし手間取ったり手際を間違うと、それだけ遅れを取る事になって作業が進まなくなり、ラインが止まってしまって作業が中断してしまうので、的確にしないと怒られてしまいます。ですので、自分の与えられた仕事を確実にしながら的確に作業をするのが重要です。

給料の方ですが、主に夜間に働いていたので、その分、少し高めで日給1万円前後を頂いていました。ハードな部分もありましたので妥当な日給だと思います。

あと同僚達との関係もとても良好で、皆さん車が好きで、少しでも車に携わっていたいと言う気持ちで働いていた方が多かったです。前のモデルに比べるとオルタネーターの位置が変わったとか、キャブレターの大きさが変わった等、車の事に詳しい方がいました。普段、自分達で触っているので常に手に取るように分り、いつも車の話題で盛り上がるほど車好きな方が多かったです。

あと、体への負担も考えていかないと、先が続かない事があります。不自然な体勢で上を覗き込む事もあるので、首が痛くなったりする事もありますし、長時間、腰を曲げてたりする事もあるので、腰痛になって辛い思いをする事があります。ですので、同じ体勢を続けた後は、暇を見つけてストレッチをするなりして体を解しておくのも、あとあと長く続けるコツになると思います。でも、極端に重たい物を持ち上げる事はなく、クレーンで持ち上げますので殆んど力仕事はありません。

それと、居住施設ですが、私の場合は自宅から通いましたが、地方から来られた方は寮が与えられていて、そこから通ってられました。

保障の方の待遇も良かったので環境としては良かったと思います。色々大変な事はありますが、車が大好きでしたら、がんばれる仕事だと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です